個人情報は切り刻もう

ゴミ捨てのときに、個人情報のあるものはしっかり処分してからにしましょう。たとえば郵便物です。手紙はもちろんですが公共料金の明細やダイレクトメールなど、名前と住所、電話番号などが記載された部分は判読できないようにしておきましょう。シュレッダーがあればシュレッダーにかけてもいいですが、ちょっとした郵便物で宛名の部分をちょっと消せば良いような場合には、スタンプが便利です。模様のスタンプで、捺すだけでそこに書いてある文字が読めなくなります。

宅配便のダンボールは宛名を剥がそう

また、宅配便でダンボールが届くこともあるでしょう。ダンボールは潰して資源ゴミに出す自治体が多いですが、このとき伝票類もしっかり剥がしましょう。名前、住所、電話番号が書いてあるだけでなく、いつどんなものを通販したかなどが他人に漏れるのは気持ちのいいものではありません。最近の宅配業者の伝票はシール状になっていて簡単に剥がせます。届いて開封し、中身を確認したらついでに伝票まで剥がすようにするのがおすすめです。

それでも心配なら生ゴミに混ぜよう

シュレッダーにかけてもスタンプを捺しても何となく不安なら、生ゴミと混ぜるのもおすすめです。各自治体の可燃ゴミの出し方にもよりますが、生ゴミの混ざった紙ゴミをあさる人はなかなかいません。どうしても人に見られたくない場合にはおすすめです。また、紙ゴミをためこんで処理が大変な場合、墨汁の入ったビニール袋に入れて読めなくしたり、バケツに水を張ってその中に紙ゴミを入れて読めなくしたり、という手段もあるようです。いずれにしても溜め込む前にこまめな処分がいいでしょう。

個人情報が何かと話題なる昨今ですので、ゴミも気軽に捨てられません。シュレッダーを使えば見られたくない物を、簡単に細かく切って捨てられるので便利です。